×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子宮が痛い

私の友人が子宮の周辺がたまに痛い時があるので病院に行ったほうが良いのか悩んでいました。 相談されたので病院にいった方が良いよとは行ったものの、友人は「この場合は産婦人科に行くのかな?結構恥ずかしいよね」と言ってなかなか病院に行く決心がつかないようなので、とりあえずインターネットで症状を調べてみようと言う事になり、色々調べてみると結構友人と同じように子宮がたまに痛いと感じる悩みを抱えている人って多いんですね。 子宮が痛む原因は色々とあるようですが、二十歳くらいの年齢では成長過程の痛みと言うこともあるようですし、子宮内膜症や子宮筋腫と言う病気の可能性もあるようです。 いずれにしてもこういう場合は病院で見てもらう方が良いでしょうね。 問題がなければ安心出来るし、病気が見つかったら対処が早く出来ますしね。 こういう時は、確かに病院に行くのは怖かったり、恥ずかしかったりする気持ちはあるとは思いますが、やはり子宮が痛い等の症状を感じたら早めに病院に行くべきだと思います。 病気だとしたら放置していても直りませんし、場合によって症状を悪化させてしまい、かえって直りにくくなってしまう可能性があるでしょうからね。 子宮の痛みを感る事がある人は早めにお医者さんに見てもらうようする事をおすすめします。

【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮内膜症とは

子宮が痛いと感じる原因の一つに、子宮内膜症と言う病気の可能性があると書きましたが、そもそも子宮内膜症とはどんな病気なのか調べてみました。 これは子宮の内側に子宮内膜というものがあり、これがホルモンの影響等の原因により卵巣や直腸、腹膜等の子宮の内側以外の場所に増殖する病気です。 この病気の問題は、子宮の内側にある内膜と同様に増殖や出血を繰り返します。 ですから、生理の時に妊娠しないと出血して排出すると言うサイクルが子宮の外側で起こるという事です。 この時、子宮の内側の内膜は外に排出されるのですが、子宮の外側の出来た組織は外に排出する事が出来ずに、その場所で血液が貯まってしまうか、癒着してしまうことがあります。 この為生理の時の出血の為、子宮が痛いと感じることがあるそうです。
この子宮内膜症は自覚症状としては生理痛が酷いと言う症状で現れることも多いそうです。 それから、排卵痛という事もあるそうです。痛みの場所によっては盲腸の痛みと間違われる事もあるそうなので注意したほうが良いかもしれません。 たまに子宮が痛いと感じる事がある人は生理の時は特に注意してくださいね。 鎮痛剤が効かないほどの生理痛の時や生理の時に吐き気や下痢に悩まされる人は、一度病院で見てもらうほうが良いかもしれません。

子宮筋腫とは

子宮がたまに痛いと感じる原因の一つとして子宮筋腫というケースも考えられるそうです。 この子宮筋腫とは20代〜50代の女性の4人に一人は持っていると言われているそうです。 調べてみるまでぜんぜん知りませんでしたが、それ位誰にでも起こりえる病気みたいです。 子宮筋腫は子宮の筋層の中に出来る腫瘍の事で、主に女性ホルモンの影響で大きくなるとの事。 癌ではないのであせる必要はないのですが、不妊や流産の原因になる事はあるそうです。 この病気は自覚症状をまったく感じない人も多いようですが、子宮筋腫の出来る場所や腫瘍が大きくなると症状が出る場合もあるようです。
また、子宮筋腫には数種類のケースがあるそうで、一つには、粘膜下筋腫と呼ばれるものです。 これは、子宮内膜の下に腫瘍が出来て子宮腔に飛び出して発達する事があり、生理痛が酷くなる等の症状が出る事があるそうです。 二つ目は、筋層内筋腫と言われる物で子宮の中に腫瘍が出来る場合のようです。 もっとも子宮筋腫の頻度が高いのがこのケースのようです。 生理の出血が多くなったり、生理痛が酷くなる等の原因を引き起こす事もあるようです。 三つ目は、漿膜下筋腫と言われる物で、子宮の外側に飛び出して腫瘍が出来るケースです。 自覚症状が出にくいそうです。 四つ目は、頸部筋腫と言われる物で、子宮の膣への入り口付近に腫瘍が出来るケースです。 このケースも生理痛の原因や場所によっては頻尿の原因にもなるそうです。 いまは、色々最新の治療法も見つかっているそうなので、安心して治療出来るようになっているそうです。 子宮が痛い等のちょっとした症状を感じたら、直ぐ病院で見てもらう事が治療を簡単にする事にもつながると思うので、恥ずかしがらずに見てもらうようにしましょうね。

Copyright © 2007 子宮が痛いと感じる原因とは?